2008年06月27日

食品産業創造展≪in福岡≫

農産加工品や加工機械、食品研究セミナーなどが一同に集う

食品産業創造展へ研究員の皆様と一緒に福岡まで行って参りました。

http://www.nikkanseibu-eve.com/food/



小中加工所向け情報や、食品の安全、安心の為の対策。

発酵文化を活用した商品など、竹田で起業出来そうな素材満載。

売り先を設定しての開発が必要だなぁと感じました。



DSCF1046.jpg



回転寿司や惣菜などの大量生産用加工機械の効率の良さにびっくりしながらも、

手作りならではしか出来ない繊細な技や、オンデマンドな提供で

竹田ならではの食の提供で勝負出来るな。と、更に自信が持てました。



DSCF1057.jpg



毎年開催されます。来年は5月だそうです。

                   事業推進員   佐藤 知博
posted by おたまや at 09:05| Comment(0) | 日記

2008年06月24日

体験記レポート

★田楽火鉢体験記第1弾★

 
 活性化協議会の数多ある研究会の中に、『城下町工芸(田楽火鉢)研究会』という事業があります。かつて田能村竹田が田楽を好んで食していた、という事実を辿り復活した田楽火鉢を新たな竹田の伝統工芸品として確立するため、現在では陶芸グループ「あすなろ会」を中心に制作作業が進んでいます。
以前から一度参加してみたいと思っていた田楽火鉢づくり・・願いが叶い、念願の初参加でするんるん

DSCN0867.jpg
ギュッギュッ・・っと押し込む土。「いい型が取れますように」

久しぶりにさわるひんやりした土の感触は、小さい頃夢中で遊んでいた泥んこ遊びを思い出させてくれました。大人になった今も変わらず夢中になってしまいます。火鉢が形になっていく度、小さな傷を指で平らにするたび、手にかけた火鉢が愛しくなってきます。モノには全てこんな風に作った人の想いや願いが込められているんだなぁ、と実感しました(感涙)

DSCN0874.jpg
『おいしい田楽を焼いて可愛がってもらうんだよ』と願いを込め・・・

作業工程やコツを手取り足取り教えてくださる研究員の方の優しさが嬉しくて、心まであったかくなりました晴れ工程や技術はもちろん、他にもたくさんの事を学べる体験となりました。

DSCN0882.jpg


さて、次回はいよいよ絵付け・窯入れの工程です★☆『田楽火鉢体験記第2弾』をお楽しみに・・


             推進補助員  中島 由美
posted by おたまや at 12:59| Comment(0) | 日記

2008年06月13日

音で繋がるものづくり展

 ジャム研究会にも所属してくださっていて、美味しいものづくり大好きな油田さんがご主人と経営している竹田市菅生のCafé Slow Beatでピアノコンサートが開かれます。演奏は横浜出身の重松壮一郎さん。梅雨の時期にもピッタリ(!?)心と体に降り注ぐピアノの音色をお楽しみくださいね。 大分熊本の作家さんたちの手作り作品が集まる展示会も同時開催で、こちらはありがたいことに22日まで。
 うっとうしいと思われがちな梅雨のこの時期ですが、美味しいコーヒーとともに味わう素敵なピアノの音色や手作りの温もりは、きっと心を浄化し新たな希望を見出してくれることでしょう。

コンサート『水の月の夕べ』
1.日時  6月15日(日)開場18:00 開演18:30
2.場所  Café Slow Beat 57号線沿い、熊本方面に向かって竹田ドライブイン手前
3.チケット 前売り(予約)2,000円 当日2,500円
4.お問合せ Café Slow Beat 0974-65-2307
posted by おたまや at 22:51| Comment(0) | 日記

2008年06月04日

6日(金)18:28分より OABニュースをご覧ください!

速報   アレルギー研究会取材入ります。 


アレルギー等対策食品製造研究会では
『アレルギーの子ども達に 美味しいお菓子を作ろう』と、
安全・安心なお菓子づくりを研究しています。

DVC00039.jpg

竹田在住のアレルギー専門家 久保幸加さん
アレルギー生活改善総合研究所 代表)
と地元ケーキショップのクローネさんがレシピを共同開発し、
地元加工所みらい香房わかばに専用の加工所を作り、
市内の菓子工房ホームメイドスィートかりんさんの製造監督のもと
生産に取り組み雇用も生まれました。
大分県初のアレルギー対策食品の製造はとても評判が良く、
6日(金)に大分朝日放送(OAB)が取材に入って頂ける事になりました。
取材同日の夕方ニュースで放映されるようです。

取材の様子は後日お伝えいたしますね。
DVC00038.jpg
おいしいお菓子を召し上がれ♪


推進員 佐藤知博

posted by おたまや at 13:01| Comment(0) | 日記

2008年06月03日

あじさいキャラバン・地域活性化応援隊in大分

 あじさいキャラバン・地域活性化応援隊in大分
           平成20年6月3日 会場:アイリス
 国では、6月を「構造改革特区・地域再生・規制改革集中受付期間」と位置づけ、内閣府の職員による具体的な提案方法の説明や相談を行う「あじさいキャラバン」が全国を巡回しています。
 構造改革特区制度は、現在の実情にそぐわない国の規制を、地域を限定して改革(規制緩和など)することによって、構造改革を進め地域を活性化させる制度で、@規制改革の提案、A特区計画の認定申請、B特例措置の評価の3つの段階があります。
 現在、竹田市はA新たな特区計画の認定申請を行っています。具体的には「ワイン・リキュール特区」申請について取り組んでいます。「食育ツーリズム雇用創出大作戦」の取り組みを活かし、竹田市の特産品を活用したワインやリキュールの特区取得を目指し、地域の活性化に結び付けていきます。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kouzou2/
                      渡部
 
posted by おたまや at 18:41| Comment(0) | 日記

2008年05月20日

どんこ10トン

市内に住む、しいたけ農家さんを訪ねました。

発酵商店街研究会では、規格外しいたけを活用して
新商品を作ろうと研究しております。
DSCF0345.jpg


さすが。しいたけ博士!
様々な美味しい食べ方を知っております。
フムフム。しいたけおこわ? しいたけスープ? 諸々…。
DSCF0338.jpg


沢山のアイデアを頂きました。
早速次回の研究会では試作会にチャレンジ!
徐々に商品化出来そうな産品が揃ってきました。
DSCF0336.jpg


しかし原木栽培で10tの生産量。これをほぼ1人で… 凄すぎ。
posted by おたまや at 16:21| Comment(0) | 日記

2008年05月19日

ワイン・リキュール研究会

次回開催日は6月10日(火)19時〜21時
場所:未 定
内容:5月に収穫した果実のリキュール調理実習

現在竹田市は、特区申請に向け準備を進めております。
特区を受けると年間生産量がリキュール1kl、果実酒・ワイン2klで、
免許が付与されるようになります。


ワイン・リキュールの製造による、起業への取り組みのハードルが低くなります。
本年度の取組は、具体的果実を集め 調理方法を変え3本程度ずつ
試作品を作ります。(研究用として体験して頂きますので、商品化は致しません。)


興味のある方は、ぜひ研究会へご参加ください。


事業推進員 佐藤知博
posted by おたまや at 10:52| Comment(0) | 日記

2008年05月13日

光る人材探しています!

大丸旅館より人材募集があります。B&B長湯(林の中の小さな図書館)と長湯温泉水マグナ1800の企業化により、大丸グループが人材を募集しているとのことです。

daimaru3.jpg

詳しくは大丸旅館までお問い合わせください。
posted by おたまや at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月12日

九重視察 農産加工研修にて

ものすごい出会いをして参りました。

農産加工研究会では、『本物の調味料』をコンセプトに規格外産物等を活用して新しいおみやげや産品づくりにチャレンジしています。

その中で『麦芽糖』に取り組もうと、作り方を習いに同研究会の足立さんと8日、九重に住む時松さんを訪ねました。築250年の古民家。ここで農家宿泊をされています。囲炉裏もあり、いい雰囲気!

麦芽糖は色々作り方があるらしいのですが、米を材料にする方法を教わってきました。6月〜7月に開催する研究会で調理実習しようと思います。

話は弾み、話題は、まちづくり談義へ。中心的指導者である時松氏の言葉は重とても勉強になりました。心に残ったコトバをひとつ。

DVC00075-s.jpg

『競う必要はない。各々が守っておけばいいんだよ。』


事業推進員 佐藤チヒロ
posted by おたまや at 15:14| Comment(2) | 日記

2008年05月08日

本日は晴天なり♪

待ち遠しかったGWも終わり、これからが暑さと共に忙しさも本番といったこところでしょうか。夏を思わせる程に気温が上がった5月3日、祖母山開きに参加してきました。
山頂祭に加え、今年は大分県が国体開催地ということで炬火採火式が行われました。その採火式では発酵商店街研究会の研究員である後藤清幸さんの造る『どぶろく』が奉納され、お神酒として振舞われました。疲れた体にどぶろくが染みわたります。
きつかった分、山頂の景色は最高でした!!

no-title

雲1つない青空。カメラに収めるのがもったいないほど!


DSCN0721.jpg
牧市長と国体選手の山本樹理さん


posted by おたまや at 12:01| Comment(0) | 日記

2008年04月28日

すいれん みーつけた!

おたまや公園内の龍吟池は、すいれんとショウブのカメラスポット。今年初咲きのすいれんを見つけました。見所の時期は6月だったように思いますが、様子は随時お届けします。渡部

龍吟池とすいれん
龍吟池とすいれん

すいれん
すいれん 1つ みーつけた!
posted by おたまや at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月26日

おたまや事務所へ ようこそ

僕たちが仕事をしている事務所(通称:おたまや事務所)は岡藩主おたまや公園内にある管理事務所なんです。岡藩主おたまや公園は、岡藩主の菩提寺であった碧雲寺(へきうんじ)の墓地庭園を史跡公園として整備した場所です。木々の青葉がとても鮮やかで、心やすらぐ場所なんですよ!渡部

おたまや事務所(活性化推進室)
おたまや事務所(活性化推進室の事務所です)

DSCF0260_thumb.png
posted by おたまや at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月11日

渡部哲哉です。宜しくお願い致します。

わたなべ・てつや。竹田市産業建設部商工観光課、勤務。平成11年〜13年まで竹田市わかば農業公社に出向、アンテナショップ事業担当と道の駅竹田・水の国のレストラン支配人。平成14年から商工観光課、平成19年10月から新パッケージ事業配属。経理事務、食育関連のサポートが担当ですが、とりあえず何でも声をかけてください。お邪魔いたします。力になります。

渡部哲哉P.jpg

家族で、ぶどうのピオーネづくりにもチャレンジしています。
posted by おたまや at 10:30| Comment(0) | 日記

2008年04月10日

小崎享子です。初めまして。

おざき・きょうこ。平成15年4月〜19年3月まで竹田研究所勤務。主に食・特産品開発委員会を担当。竹田の家庭料理大集合の企画、神の里交流センター「緒環」食部会(ふるさと薬膳おだまき)の立ち上げ等に関わる。平成18年度竹田市食育推進事業実行委員。平成20年4月竹田研究所復帰。(活性化協議会勤務)平成18年国内旅行業取扱管理者試験合格。
事業での担当は、食育関連事業のサポート(佐藤事業推進員の相談役)。食育関連担当ですが、どこでも駆けつけます。特に、試食・試作の話があればすぐに飛んでいきます。おまかせください。

小崎享子P.jpg

趣味はお菓子作り。自称、新倉久美子先生の現地秘書。
posted by おたまや at 06:01| Comment(0) | 日記

2008年04月09日

中島由美です。どうぞよろしく。

なかしま・ゆみ。竹田市荻町出身。平成17年大学卒業後、北九州から大分に戻る。学生の頃からのバイト先であるカフェで働き、平成20年1月より活性化協議会勤務。竹田について新発見の毎日です。新パッケージ事業の経理・庶務に関する事項を担当します。コーヒーを淹れるのが好きなので、飲みたいときは、お気軽に声をかけてくださいね。

中島由美P.jpg

微力ながら、『楽しく元気に私らしく』頑張ります!
posted by おたまや at 00:00| Comment(0) | 日記

2008年04月08日

佐藤知博、あにぃと呼んで下さい。

さとう・ちひろ。『 ありがとうのココロが通いあうまちづくり 』を目指す社会起業家(でありたい)。やたら元気な突撃系キャラ。無駄な動き多し。でも意味はある(と思いたい)。
元、人材派遣会社のコーディネーター。大阪で修行後、大分市にNPOアートスタジアムオフィスを設立。イベント系は得意。ごみゼロおおいた作戦県民100人会議委員。
当事業の推進員、ホームページ担当です。すっかり竹田ファンになりました。
眠っているステキな物語を沢山の方々へお届けしたい! そう思う気持ちで一杯です。

佐藤知博P.jpg

地域の皆様の役に立てるように頑張ります!!
posted by おたまや at 05:46| Comment(0) | 日記

2008年04月07日

田部良司と申します。

たなべ・りょうじ。出身は竹田市大字門田(全国名水百選の長小野湧水地)。昭和23年生 A型。厚生労働省の地域雇用創造支援事業に取組むため、平成18年2月竹田市・竹田商工会議所・久住、直入、荻の3町商工会で竹田市活性化促進協議会を発足。事務局長に就任。
平成17年度地域創業助成金事業の3事業設定、平成18年度地域雇用創造バックアップ調査事業を実施。平成19年度新パッケージ事業を提案し採択され10月より実施中。本事業では、協議会事務処理を担当しています。

田部良司P.jpg

まず、お気軽にお問い合わせを。

posted by おたまや at 10:42| Comment(0) | 日記

2008年04月04日

児玉誠三でございます。

こだま・せいぞう。平成7年から19年3月迄竹田市議会議員、平成17年新竹田市初代市議会議長。
行政書士、ホテル支配人、国会議員秘書等を経験。消防団、PTA、観光協会等、地域活動に取り組んできました。事業における担当は、ツーリズム(観光)関連事業。及び、協議会の活性化推進室統括。私のふるさと、大好きな竹田のために頑張っています。

児玉誠三P.jpg

常に仲間と一緒に汗を流すことをモットーとしています。

posted by おたまや at 21:44| Comment(1) | 日記